博物館でのワルツの1回り

ニュース

博物館でのワルツの1回り

24.08.2017

土曜日に博物館の敷地で「サハリンのダンス世界」という団結がサハリン州の住民とお客さんのため「博物館でのワルツの1回り」という行事を行いました。ご希望のお客さんがプロの踊りを眺めることだけではなく、「ワルツを踊りましょう」というマスターコースの枠組みでいくつかのステップを習うこともできました。100人以上の観客とプロの踊り手がマスターコースに参加者になりました。
ワルツというのはロマンチックで、世代をまとまっている舞踊の一つです。最初にワルツを踊るために特別の熟練が要りませんでした。ワルツが簡単だと思われて、希望の方がワルツのステップをためらわずに習うことができました。リズムに乗って、魅惑的な音楽を聴きながら寄せ木を優雅でやさしく踊るのが最上流社会の人のために本当の快楽でした。ワルツができる人が群集の中から必ず目立つので、今も初級のワルツ練習が全世界で行われています。どんな時代でもスタイルのセンス、いい音感、教養、交際好みがワルツがうまくできる人の特徴と認められています。
博物館の敷地で「舞踏会に行きませんか?」というフェアが開催されました。ご希望のお客さんがサハリンの女職人による様々な材料から製作されたあざやかなアクセサリー、手箱を買いました。
ワルツが元のチャームと美しさを失わずに、相変わらず大好きな舞踊の一つであり続けています。

本記事の作成者:イリナ・ブルシナ.
写真提供:エレナ・パンチシェナ.

  

ニュース

24.01.2019
コンスタンチン・ガポネンコ (1993~2019)

24.01.2019
「サハリンとクリル諸島の自然史」公開講演が2019年に再開します。

18.01.2019
「南極とサハリン島」という出来事の枠内で行われる行事

11.01.2019
「博物館を楽しんでいる幼稚園」というプロジェクトの完成と開始

12.12.2018
「舞台裏」という展覧会が開会されました。

11.12.2018
博物館での芸術の夕べ

10.12.2018
サハリン州郷土博物館で「山の日」を迎えました。

07.12.2018
「舞台裏」という展覧会が劇場の生活の秘密をちょっぴり漏らします。

04.12.2018
フィードバックについて

28.11.2018
大雪の危険がある地域






Kommunisticheskiy prospekt - 29
Yuzhno-Sakhalinsk, Russia, 693010
mail@sakhalinmuseum.ru
+7 (4242) 72–75–55