「満州の道を通して」

ニュース

「満州の道を通して」

24.08.2017

8月30日、16時にサハリン州郷土博物館で1939~1945年第二次世界大戦の終戦72周年記念にちなむ「グリゴリ ノヴィコフ・ダウルスキの記念アムール州郷土博物館の基金からの「満州の道を通して」(ブラゴヴェシェンスク市)という展覧会が開催されます。
展覧会で、有名な彫刻家、ソ連画家同盟のメンバー、1941~1945年の大祖国戦争の参加者、1945年8月~9月日露戦争の参加者、仕事のベテランであるボリス・ゴルラッチ氏による戦争時代の48絵が展示されます。
1945年の8月にゴルラッチ氏がアムル川、小興安嶺山脈、満州の水浸しになった平野のひどい道を通ってきました。戦闘の合間に戦利品の和紙に鉛筆やペンと墨で戦友、解放された満州の村民、中国人の子供、日本人の捕虜の絵を描きました。
ボリス・ゴルラッチ氏による線画連作とは戦争の道を通した解放兵に作成された記録資料になります。

問い合わせ電話番号:+7 4242 72 75 55.


本記事の作成者:ヴィタリ・チャン.

  

ニュース

28.11.2018
大雪の危険がある地域

25.11.2018
やさしい母の日

22.11.2018
占守島における考古学発掘について

20.11.2018
サハリン州郷土博物館の館員が研修に参加しました。

20.11.2018
北海道での相互科学研究

20.11.2018
母の日を一緒にお祝いしましょう!

18.11.2018
「17頭骨と1歯・人間の進化」展覧会の閉会

15.11.2018
「17頭骨と1歯・人間の進化」展覧会の閉会

15.11.2018
おめでとうございます!

13.11.2018
公開講演に招待いたします!






Kommunisticheskiy prospekt - 29
Yuzhno-Sakhalinsk, Russia, 693010
mail@sakhalinmuseum.ru
+7 (4242) 72–75–55