キク科の地味な一種について

ニュース

キク科の地味な一種について

03.08.2018

サハリン州郷土博物館の敷地でのびている多くの植物が独特な外見もあるし、観賞特徴も優れています。その一種とはコウリンタンポポ(Pilosellaaurantiaca(L.) FWSchultz&Sch.Bip.)です。
「Pilosella aurantiaca」という科学名はその植物の特徴はっきり伝えています。<「Pilosell」という類名は「短い細毛のある」という意味で、「aurantiaca」という特別な形容辞は「オレンジ色」という意味になります。
コウリンタンポポというのはキク科の20~40センチ多年生植物類です。コウリンタンポポの葉は細長くて、上は緑で、下は灰色、又はフェルト白いです。産毛のあって、土に押し付けられるロゼットの葉があります。暑い時は、過度の蒸発されないように、コウリンタンポポの葉が下のフェルト白い面を日に回っています。6~8月に濃いオレンジ色、又は赤オレンジ色の花が咲いています。
コウリンタンポポの原産地は中央・南ヨーロッパのアルプス山脈地方とアジアです。17世紀前半に観賞用植物として大ブリテン島とアイルランドへ輸入されて、1875年に米国へ輸入されました。
日本人のフロラ研究者によると、コウリンタンポポが1936年からサハリン島とクリル諸島で現れたそうです。コウリンタンポポが南サハリンのススナイスカヤ盆地普及されています。今までも研究者はコウリンタンポポがヨーロッパからサハリンに輸入されたことを疑って、サハリンの植物だと考えられています。

  

ニュース

11.01.2019
「博物館を楽しんでいる幼稚園」というプロジェクトの完成と開始

12.12.2018
「舞台裏」という展覧会が開会されました。

11.12.2018
博物館での芸術の夕べ

10.12.2018
サハリン州郷土博物館で「山の日」を迎えました。

07.12.2018
「舞台裏」という展覧会が劇場の生活の秘密をちょっぴり漏らします。

04.12.2018
フィードバックについて

28.11.2018
大雪の危険がある地域

25.11.2018
やさしい母の日

22.11.2018
占守島における考古学発掘について

20.11.2018
サハリン州郷土博物館の館員が研修に参加しました。






Kommunisticheskiy prospekt - 29
Yuzhno-Sakhalinsk, Russia, 693010
mail@sakhalinmuseum.ru
+7 (4242) 72–75–55