ハーバード大学人類学学部の大学院生、遺伝情報の分析者としているアレクサンドル・三ヴン・キム氏がサハリンに来て、サハリン考古学者による人類学情報を研究する予手です。

ニュース

ハーバード大学人類学学部の大学院生、遺伝情報の分析者としているアレクサンドル・三ヴン・キム氏がサハリンに来て、サハリン考古学者による人類学情報を研究する予手です。

06.09.2018

アレクサンドル氏がサハリンに来ているのは初めてです。David W. Anthony というアメリカ考古学者・人類学者と一緒にロシアのヨーロッパ部分を研修した中、サンクトペテルブルグ、ノヴォロシースク、ブレスト、サマラ、ウファの科学機関でユーラシアの古代住民とアメリカ大陸の北部の古代住民との発生的結びつきの研究を目指して遺伝子研究のために標本を選抜しました。アレクサンドル氏がシベリアと極東の地域にもっと興味を持っています。トムスク、ノヴォシビルスク、バルナウル、ウラジオストク、マガダンを訪れて、地元の考古学者や人類学者と会ったり、科学討論に参加したり、コレクションを調べたり、協力見通しを検討したりしていました。ユジノサハリンスクでサハリン州郷土博物館で保管されている人類学データを調べています。その活動の科学目的はサハリンとクリル列島における考古学的発掘で発見された古代埋葬から分析に当たる標本を選抜することです。その標本が古デオキシリボ核酸研究所に送られます。現代的な機械や技術、最新方法を通じて、人類のゲノムを把握する遺伝学情報を収集できます。できたデータに基づいて、地理学や時間的な機構の分析をしたり、サハリンの住民変動と隣の北海道、クリル列島、沿海地方との結びつき、またはもっと広い意味で北東アジア地域における移住過程を分かったりすることができます。サハリン州郷土博物館は考古学、民族詩学、中世史において日本、米国、ヨーロッパ諸国の同僚と広い国際関係を持っています。20世紀90年代にできて、もう25年間にわたって活発的に発展しています。新しい関係を作るのは科学的協力の見通しも広げるし、世界中科学も富ませるし、サハリンの人も郷土の古代史の多様の特徴をもっと深く調べることもできます。

  

ニュース

15.11.2018
おめでとうございます!

13.11.2018
公開講演に招待いたします!

12.11.2018
「音の魔法」という音楽展覧会

02.11.2018
「サハリンとクリル諸島の自然史」公開講演

26.10.2018
「コムソモールの100周年記念」

24.10.2018
「サハリン島の歴史遺産」

18.10.2018
10月19日は衛生の日です。

11.10.2018
全世界の視覚の日がサハリン州郷土博物館で祝われました

09.10.2018
サハリン州郷土博物館の展示室の補充

05.10.2018
「私は学んでいる」展覧会が開会されました。






Kommunisticheskiy prospekt - 29
Yuzhno-Sakhalinsk, Russia, 693010
mail@sakhalinmuseum.ru
+7 (4242) 72–75–55