サハリン島の礁湖の将来について

ニュース

サハリン島の礁湖の将来について

09.04.2019

4月14日に「差は咽頭の自然の歴史発展」という連続講演の次回の講義が行われます。サハリン島の礁湖について話をします。礁湖というのは特にサケ類の成長に関わるプロセスが進んでいくサハリン島のユニークな地質系の一部となっています。 礁湖が割合にしばらく前にできて、その歴史は世界大洋の完新世海進に密接に関連しています。およそ7~5千年前に、オホーツク海の水位が現在の水位より10メートルを超えた時、海の水が現在の南サハリンの礁湖の盆地に漏れました。当時は礁湖を仕切る累積がなかったので、礁湖は水の浅くて、よく暖められる湾でした。 現在、礁湖は非常な人間による影響を受けています。ネヴスコエ湖は水中植物と沼沢植物がはびこっていて、生産性も下がっています。トゥナイチャ湖が自然遺物とされているのに、生物相を含めて水理変更も認められています。 上記だけではなく、他のテーマを触れて地理学修士、サハリン州郷土博物館の主任研究員としているセルゲイ・ペルヴヒンが話をします。

  

ニュース

30.11.2019
講義に招待いたします。

30.11.2019
「サハリンの後期白亜紀のアンモナイト」

28.11.2019
珍しい番人

27.11.2019
「芸術の夜」という全ロシア行事

03.11.2019
カムチャッカ半島に起こった津波がどんな体験となって来たでしょうか。

13.09.2019
プロジェクトのプレゼンテーション。

15.05.2019
講義に招待いたします。

06.05.2019
「博物館での勝利の日」

29.04.2019
「勝利の道を通って」クイズ

19.04.2019
ハバロフスク地方ニコライ・グロデェコフ記念博物館は125周年記念日、おめでとうございます!






Kommunisticheskiy prospekt - 29
Yuzhno-Sakhalinsk, Russia, 693010
mail@sakhalinmuseum.ru
+7 (4242) 72–75–55