「サハリンの後期白亜紀のアンモナイト」

ニュース

「サハリンの後期白亜紀のアンモナイト」

30.11.2019

2019年4月30日にサハリン州郷土博物館で「サハリンの後期白亜紀のアンモナイト」という戸外化石展示会が改めて開会されました。本展示会が2018年9月に初めて開会されました。冬期に展示品を保護するために、晩秋に博物館の室内に運び出されました。現在、博物館の敷地でPachydiscidae科のアンモナイトという絶滅した頭足類の分類群の石化とした殻の核と亀のような組織とあるコンクリーションの20個の大きい古生物が展示されています。すべての展示品がサハリン州郷土博物館の研究者にサハリンの後期白亜紀層の探検で集められました。化石を含有する後期白亜紀層のおおよその年齢は8400万年~7200万年(カンパニアン)です。 展示されているアンモナイトとは中生代の海底沈殿物で埋葬された頭足類の分類群の石化になった殻の核です 「サハリン島とクリル列島の地質発達史」展示会をご覧になって、アンモナイトやコンクリーションなどの地質の現象についてもっと調べることができます。 問い合わせ電話番号:+7 4242 72 75 55 本記事の作成者:サハリン州郷土博物館の上級研究員 アレクサンドル・ソロヴィヨフ

  

ニュース

30.11.2019
講義に招待いたします。

30.11.2019
「サハリンの後期白亜紀のアンモナイト」

28.11.2019
珍しい番人

27.11.2019
「芸術の夜」という全ロシア行事

03.11.2019
カムチャッカ半島に起こった津波がどんな体験となって来たでしょうか。

13.09.2019
プロジェクトのプレゼンテーション。

15.05.2019
講義に招待いたします。

06.05.2019
「博物館での勝利の日」

29.04.2019
「勝利の道を通って」クイズ

19.04.2019
ハバロフスク地方ニコライ・グロデェコフ記念博物館は125周年記念日、おめでとうございます!






Kommunisticheskiy prospekt - 29
Yuzhno-Sakhalinsk, Russia, 693010
mail@sakhalinmuseum.ru
+7 (4242) 72–75–55